スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.09.17 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    サイクロン集塵機にビニール袋

    0

      正圧式と負圧式

      集塵機を作るにあたって「できればビニール袋にゴミが溜がまると便利でいいな」というのがあったのですが、その為にはビニール袋部分を正圧にする必要があります。

      サイクロンで正圧にするには、繋ぐ順番を
      吸入口→エンジン→サイクロン→排気
      という順番で繋ぐ必要があり、吸ったゴミが一旦エンジン内のインペラーを通過する事になります。

      マキタ410は、木片程度なら吸っても壊れないように設計されているのですが、あつかうのは木だけでは無いし、もし工具なんか吸ってしまったら・・と思うと正圧式は採用できません。

      そこで、減圧管(均圧管)を繋いで、ペール缶とビニール袋の間の圧力を下げる事で、負圧式でもビニール袋を使えるようにしました。


      減圧管(均圧管)を繋ぐ

      減圧管を使う上で問題なのが、どこに減圧用の管をつなげば吸い出すのか?と言うことです。

      サイクロンとエンジンが離れている構造なら、エンジンの近くから取れば圧力差が発生すると思うのですが、エンジンをサイクロンに直付けしているので取る場所が無く、どこでどれくらいの圧力差が発生しているのかもわからない状態です。

      内側の筒の最上部に付けてテストしてみましたが、うまく吸い出せずにペール缶の中のビニール袋が膨らんでしまいました。簡単では無いですね。

      その後、試行錯誤の結果、ナイロン製のパイプ(具体的にはシャンプーのポンプの中の管)を熱で加工して、インペラーに当たる寸前まで延長することで、うまく吸い出せるようになりました。

      ダストボックス部分

      ダストボックスとして使用しているのはプラスチック製の18リットルのペール缶です。
      蓋の部分は 15mm厚のMDFをペール缶の内側に合わせて切った板と、ペール缶の口に合わせて溝を掘った板を貼りあわせています。被せているだけですが、負圧で吸い付いてくれるので、被せるだけで固定しなくても大丈夫です。

      ゴミの溜り具合がわかるように、蓋にアクリルの小窓をつけています。静電気でホコリがついて見えなくなるので、針金で作ったワイパーも付けました。


      18リットルのペール缶では少し小さいと思うかもしれませんが、手軽なのでこまめに捨てれますし、当方の使用量ではこのサイズで十分です。自動カンナを使うような方だとあっという間に一杯になってしまうかもしれませんね。




      スポンサーサイト

      0
        • 2013.09.17 Tuesday
        • -
        • 03:40
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック