スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.09.17 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    角度を付けたカット用の集塵カバー

    0

      あまり需要が無いと思いますが、もしかしたら重要視している人がいるかもしれない角度を付けたカット用の集塵カバーも作りました。

      角度を付けるとワークまで刃が届かないようになってしまうので、まずは 厚さ20mm の上げ底ベースを作成。当方では一旦小さく切って角度を付けてカットし直すので、ベース幅は50cm割と小さめに作りました。

      このまま角度を付けて下まで降ろしてしまうと、鉄板で補強したワーク受け台とチップソーが接触接触して甚大な損傷を与えてしまうため、ワーク受け台の手前で止まるようにストッパー機能を付ける必要があります。

      角度切り用集塵カバーは 65φ の塩ビ管を加熱して割と適当に整形し、塩ビ板とアルミクロステープで作りました。

      0度から45度までフルに可動できるようになっていて、左右の調整ネジに引っ掛けるようにして付いています。

      一番下まで下ろさない(下ろせない)のでホースの角度に余裕があるのと、全体に下に飛ぶ切粉のを集塵するために下から吸う形にしました。

      画像の上げ底ベースから管沿いに下に伸びてる部分がストッパーで、ベアリングホルダー部分が当たって止まるようになっています。

      裏の下方に抜ける切粉の集塵は、上げ底ベースにより丸ノコと板が近くなっている事と、角度を付けると刃が板に対して深く入るようになり下に飛散する量が少なくる事で、ちり取り部分として柔らかい塩ビ板を少し出す程度ですが、集塵機のパワーも相まってそれなりに集塵できています。





      スポンサーサイト

      0
        • 2013.09.17 Tuesday
        • -
        • 20:41
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        記事リスト

        記事

        archives

        links

        search this site.

        熊本のポルシェ整備なら
        weltmeister(ヴェルトマイスター)

        others

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM