スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.09.17 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    切粉飛散の原因と対策

    0

      ブロア機構という、モーター冷却用の排気を利用して、進行方向のカットラインの切粉を飛ばす機構が付いているらしい。

      残りの冷却用排気は防護カバー中に吹き出すようになっており、これが四方に飛散する原因になっています。

      通常使用ではありがたい機能なのですが、集塵を考えると対策しなければならない部分です。


      可動式防護カバーは取り外し、0.27mm の亜鉛メッキ鉄板で整流カバーを作成し取り付ける事で、チップソー周りに当たっていた排気の風を分離。

      整流カバーとチップソーの間を木製のスペーサーで埋めて、チップソーの気流で裏に切粉が回り込まないようにしています。

      反対側もカバー状のスペーサーで埋めて、左右からチップソーを挟む形にして切粉が防護カバー内回りこむのを防止。 スペーサーとチップソーは少し擦るくらい接触しています。


      後方排気用のプライスティックのカバーは取り外して、切粉が通る穴からスムーズに集塵カバー内に流れるように亜鉛鉄板で作った整流板を付けています。

      スペーサーカバーの伸びた部分は、集塵機を繋いだ時に刃の裏から空気を吸い込むようになっており、この部分を挟んで固定することで簡単に外せるようになっています。

      テストしてみると、チップソー周りに巻き込まれる切粉はほぼなくなり、後方排気用の穴と進行方向の板沿いに切粉が集中するようになりました。

      集塵機で吸引してない状態の時でも、切粉が集塵部分に集まるような作りが理想だと思います。



      スポンサーサイト

      0
        • 2013.09.17 Tuesday
        • -
        • 20:33
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        記事リスト

        記事

        archives

        links

        search this site.

        熊本のポルシェ整備なら
        weltmeister(ヴェルトマイスター)

        others

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM