スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.09.17 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    電動丸ノコを使ってみて

    0

      使用したパネルソーキットはGSG管パネルソーベースキット(低天井タイプ)です。良質のステンガイドパイプが付属していました。

      建物に合わせたため、バックパネルやフレームなどかなりアレンジして使用しています。

      使用した電動丸ノコはGIZMOさんお勧めの日立 C7MB4 刃径190mm です。


      電動丸ノコを使ってみて切粉の飛散状況を確認

      カタログの写真では上部のカバー内を切粉が通って右後方に纏まって出るように書いてありますが、写真のようにはうまく行かず、どこから出ているのかわからない切粉が四方八方に飛散してしまいます。

      どちらにしてもパネルソーに使う場合、板との距離ができてしまうため、この後方排出機構にはあまり期待できないのですが。


      とりあえずパネルソーのフレームに丸ノコを固定してテストしてみる。
      予想はしていましたが、思ってた以上に板の厚みによって切粉の飛び方が違います。
      イメージ画像のように、カットする板が薄いと板沿いに、厚いほど垂直に飛びます。

      切粉が飛ぶ方向に幅の広いフレームがあり、角度によって上と下に別れてしまうので、かなり広い範囲をカバーする必要がありそうです。 また、ワークとフレームの間にカバーを固定してしまうと、その分最大切削厚が減ってしまうので、厚みに合わせて可動するようにしないといけません。

      ちなみにこの状態で3x6板を立て(1820mm)に切る場合、台に乗ってバンザイした状態から引き下ろしてくるため、切粉が頭上やら顔面やらに直撃して酷い状態になります(泣
      集塵装置無しでの使用は考えられませんね。




      スポンサーサイト

      0
        • 2013.09.17 Tuesday
        • -
        • 04:40
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック